男木島

先日、仕事で男木島へ行ってきました。

高松港からフェリーで約40分の船旅で到着です。

人口179人の小さな島。近年、島への移住者が相次ぎ、小学校が復活するなど話題の島です。

今年は香川・岡山の各島で3年毎に開催されている瀬戸内国際芸術祭の開催年。

ここ男木島でも開催されており、

男木島行フェリーも多くの観光客の皆さんでいっぱいでした。

P1070242.JPG

高松〜女木島〜男木島を結ぶ雌雄島海運のフェリー

P1070223.JPG

高松港を出港してすぐ。大島・小豆島方面の風景。

フェリーは、途中の女木島を経由して男木島へ向かいます。

P1070227.JPG

男木島に到着。ここが島の中心部です。

P1070229.JPG

島の西側からの風景。遠くに瀬戸大橋が見えます。

P1070231.JPG

島の北端に建つ男木島灯台。

すぐ沖を備讃瀬戸東航路という瀬戸内海の大動脈が通り、

大小様々な船がひっきりなしに行き来しています。

映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台となった場所です。

P1070236.JPG

P1070235.JPG

穏やかな午後の瀬戸内海・・・

ゆっくりとゆっくりと時間が流れてゆきます・・・

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

曇り空と安心していると・・・

今日は岡山県内でのお墓じまいで

墓地の解体工事をおこなっていました。

先週より雨天が続きましたが、今日の岡山南部は「曇り所により雨」ということで、

「曇り空ならよかった。晴れても暑いし、何とか雨に降られなければちょうどいいな。」

と安心していました。

ところが、現地はものすごくいい天気で、ものすごく暑くて・・・

もっと暑さ対策をしてくれば良かったと後悔しました。

日焼けで真っ黒けになってしまいました・・・・

この時期、屋外での作業は日焼けと熱中症対策を万全にしておかなければなりませんからね。

今日は曇り空と安心してしまっていましたね。

頻繁に休憩をとりながらの作業でしたが

でもおかげさまで日暮れまでに無事工事も完了しました。

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

梅雨の中休み

じめじめと雨の多い梅雨の時期ですが、

おかげさまで、先週・今週ともに雨に降られず無事に海洋散骨の出航が出来ました。

雨でも出航いたしますが、やはりお天気が良いに越したことはありません。

お天気が気になる時期です。

というか一年中お天気の心配してますが・・・

P1060139.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

カラスがスズメを襲う!!

今朝、「今日もいい天気だな~」って外の景色を眺めていました。

スズメが数羽、「チュンチュン」と地面の上を跳ねています。

と、そこへ一羽のカラスが突然舞い降りてきて

何とスズメたちを襲ったのでした!

逃げ惑うスズメたち。

しかし運悪く一羽のスズメが捕まってしまいました!

カラスの大きなくちばしで一撃だったのでしょう。

そのかわいそうなスズメは暴れることなく

カラスのくちばしに咥えられダランとなっていました。即死だったのでしょうね・・・

カラスは少し離れたところに移動し、今捕ったばかりの獲物を食べ始めました・・・

余りに突然で、

しかも目の前でカラスがスズメを襲うという予想外の出来事に呆然となってしまいました。

突然の出来事にショックを受けましたが、

「強いものが勝つ」これが自然界の厳しい現実なのでしょうね・・・

しかし全くの予想外でした。

同じように私たちの人生も一寸先は闇。何が起こるかわかりません。

リスクマネジメントという言葉をよく聞くようになりましたが

予想できるリスクに対しては常に準備しておく必要はありますね。

今朝は改めてそう思いました。

しかし、カラスってスズメを食べてしまうんですね・・・

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

6月5日(日)午前中停電により電話がつながりません

6月5日(日)の午前中(9:00〜12:00)

近所で電力会社による電気工事があるため停電します。

電話も使えなくなるため、

お問い合わせやご相談をいただく方々には大変ご迷惑おかけいたしますが

午後12:00以降にお電話くださいませ。

パソコンも使えませんのでメールでのお返事なども午後からとなります。

何卒よろしくお願いいたします。

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

バルーン宇宙葬

ブルーマイルゥーは、㈱バルーン工房・バルーン宇宙葬の会様と提携し

「バルーン宇宙葬」の申込窓口としても営業しています。

バルーン宇宙葬とは簡単に説明すると、

ガスを入れた風船の中に粉骨化したお骨を入れ、大空に飛ばすというものです。

上空約30㎞の地点で、気圧と温度の関係でバルーン破裂し、

粉状のご遺骨はジェット気流に乗り全世界に拡散します。

先日は高松市内でバルーン宇宙葬が執り行われましたので、立会いをさせていただきました。

故人様は生前よりこのバルーン宇宙葬をご希望だったとのことでした。

ご家族・ご親族の皆様が見守る中、故人様のご遺骨を乗せた大きなバルーンは

とても勢いよく一気に大空へと上がってゆきました。

バルーンが肉眼で見えなくなるまでは約10分ほどでしたでしょうか・・・

皆で大空を見上げていました。

海への旅立ちもいいですが、

この大空への旅立ちも

いいものですね・・・・

そして、ご家族・ご親族皆様のすがすがしい笑顔が印象的でした・・・・

P1070020.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

4月になって

4月になり、散骨の出航数も増えてまいりました。

3月は強風のため出航が1度順延となりましたが、

今のところ海も比較的穏やかで予定通り出航できています。

4月初旬頃までは比較的風の強い日もあるのですが、

これから5・6月頃までは、気候的に海も一番穏やかな日が多いですね。

P1050170.JPG

春の瀬戸内海

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

メンテナンス

先日、車3台のオイル交換をしました。

走行距離が多いので、オイル交換時期もあっという間に来てしまいます。

それから、ついでに発電機2台のオイル交換もしました。

オイル代もバカになりません。

でも、調子よく長く使うにはエンジンのオイル交換は大切なのでケチらずに行うようにしています。

また、仕事で使う道具や機械は使い終わる度に

清掃・メンテナンスをするように心がけています。

また次の現場で調子よく、気持ちよく作業するためにです。

消耗部品は常にストックし、持ち歩いています。

遠方の現場へ行くことが多いので、いつどこで調子が悪くなるかわかりません。

いつでも部品交換できるようにしています。

日頃のメンテナンスは「万一に備える」ためであり、

少し大げさに言うと、リスク回避と自分を守るためでもあると思っています。

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

墓じまい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

このところ墓じまいのご相談・ご依頼が増えております。

ご依頼者様・ご相談者様それぞれに

お家のご事情・お考えなどもそれぞれです。

ですので、可能であればできるだけ詳しくお話をお伺いさせていただき、

最適な方法をアドバイス・施工させていただいております。

みなさま様々な、そして深刻なお墓の悩みを抱えていらっしゃいます。

お墓の継承問題はもちろん、お寺様や親族とのトラブルに悩んでいらっしゃる方も多いのです。

それは私自身が直面している問題でもあり、本当に他人ごとではないのです。

「本当はお墓参りにも頻繁に行きたい」「ずっとお墓を守ってゆきたい」それがみなさんの本音です。

でも、「自分の代でお墓を守る人がいなくなる」「遠方なのでなかなかお墓参りにいけない」

「高齢のため、不便な場所にあるお墓に行けない」「子供や孫にお墓の負担をかけたくない」

「忙しくてお墓に行く時間がない」など、墓じまいを考える理由も様々です。

しかし、墓じまいは決してご先祖様や故人様をないがしろにしているわけではありません。

継承者やお参りする人がいなくなり、荒れ放題となり、そして無縁墓になってしまうよりは、

きちんと手順を踏んでお墓を閉じ、ご遺骨を供養なさる方が良いと思うのです。

実際には、はやり相当な決断が必要になってくると思います。

不安な事やよくわからないことも多々あると思います。

少しでも皆様に安心していただけるよう、そして少しでもお役に立てればと私どもも思っております。

どんな些細な事でも構いません。どうぞご遠慮なくいつでも私どもにご相談くださいませ。

P1060742.JPG

                                                  ↓

P1060745.JPG

                                               ↓

P1060785.JPG

先日施工させていただいたお墓です。全高3.5mの大きなお墓でした。

基本的にはどんな形・立地状況のお墓でも解体撤去いたします。

すべて自社施工です。

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com

久しぶりに更新します

久しぶりにブログを更新いたします。

何と7か月以上もブログを更新していませんでした。

今年はこまめに更新してゆこうと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年は珍しく1月から散骨の出航がありました。

この時期は海も荒れやすいのでほとんど散骨での出航は無いのですが、

先日の土曜日の出航は運よく本当によいお天気で、

風も無く、まるで穏やかな湖のような瀬戸内海でした。

この日は何と岡山県の宇野から姫路沖の家島諸島が見えました。

普段はめったに見えないのですが、空気が澄んでいるからなのでしょう、

「あんなところに島があったっけ?」という感じで、

なんだか不思議な感じでした。

船旅が好きだったという故人様。

ご家族皆様に見守られながら、

穏やかな瀬戸内海へと旅立って行かれました・・・

P1060791.JPG

散骨を終え、宇野港へ帰港中。

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com