小豆島フェリー(高松〜土庄)

高松と小豆島の土庄を結んでいるフェリー航路の風景を紹介します!

四国フェリーグループの小豆島フェリー㈱さんが運航しているこの航路は

高松・土庄からそれぞれ1日15便も運航されています。所要時間は約1時間。

高松港と小豆島を結ぶ大切な航路です。

(高松と小豆島を結ぶ航路は、ほかに「池田港」・「草壁港」を結ぶ航路もあります。)

風景も素晴らしいですよ!!

P1070284.JPG

高松港(サンポート高松)から出港。船は「しょうどしま丸」

P1070288.JPG

高松港を出港してすぐ右舷側、屋島の北端あたり。

P1070290.JPG

しばらく行くと大島が見えてきます。

P1070287.JPG

船内ではうどんを食べれます!! 海を見ながらのうどんは美味しい!!!

P1070291.JPG

P1070297.JPG

左舷側、小豊島沖。

P1070300.JPG

奥に見えているのが土庄港、もうすぐです。

P1070303.JPG

後ろから、同じく高松と土庄を結ぶ高速艇「スーパマリン」が接近。

P1070304.JPG

そして追い抜かれます。こちらの所要時間は約30分。フェリーの半分の時間です。

P1070305.JPG

土庄港に到着。

P1070317.JPG

P1070320.JPG

P1070321.JPG

 

P1070326.JPG

小豆島の風景。近年移住者も増えている小豆島。

ここは日本か!?と錯覚する場所も。

美しい島です。

P1070328.JPG

P1070329.JPG

帰りは日暮れ近い夕刻の便に乗船しました。土庄港を出港。

P1070330.JPG

P1070331.JPG

P1070337.JPG

土庄をでてすぐの風景。日暮れの空と海が美しい・・・・・

P1070342.JPG

P1070343.JPG

 

P1070344.JPG

P1070347.JPG

もう、だいぶ暗くなってきました。左舷側の空には月が。風が気持ちいい・・・

P1070357.JPG

もうすっかり暗くなり、高松港に入港。

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

ビックリしました

週末は、奈良の山の中で

お墓の解体撤去工事をしていました。

とても暑く、頻繁に休憩を取りながらの作業でした。

午後3時頃のことです。

木陰に座って休憩をしていたのですが、辺りは本当に静かで

野鳥のさえずりと、風で木の葉が揺れる音だけが聞こえていました。

青い空を流れてゆく雲をぼんやり眺めていると

何かの気配が・・・・

同時に視界に何か動くものが・・・・

場所が場所だけに、瞬間的に恐怖感を覚えました。

え!?  何!?  何!?

私は体が固まってしまいました!!

私は全く動かずじっとしていたもので

そいつは私に気づいてなかったのでしょう。

約1メートル前まで来ました。

そしてやっと私に気づいたそいつは顔を見上げ

私と目が合ってしまいました!!

なんとそいつの正体は「たぬき」。

目が合った瞬間、そのたぬきも一瞬動きが止まり固まってましたが、

一目散に山の中へと走ってゆきました。

私もビックリしましたが

たぬきの方もかなりビックリしたのでしょうね!

「お〜い! 何もしないよ!」

呼んでみましたが、たぬきはもう戻ってきませんでした。

思いがけない訪問者にビックリさせられました。

(クマでなくてよかった〜)

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

梅雨です

あっという間に今年も6月。

梅雨の季節ですね。

(約半年ブログさぼってました)

今年は梅雨に入ってからもなかなか雨が降らず、

あまり梅雨らしくない感じでしたが

昨日は久しぶりの雨。

今週末もどうやら雨みたいです。

散骨の出港予定入っているので

雨降ってほしくないのですが・・・

気象情報ばっかり見ています。

P1070033.JPG

先日の瀬戸内海。本当に穏やかな海ですね・・・・瀬戸内海って。

大好きなんですよ、瀬戸内海って。

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

新サービスをはじめました

散骨の仕事を始めて今年で10年目になります。

そして平行してお墓じまいの業務を開始して今年で4年目になります。

今まで多くの方々からご依頼をいただきまして本当にありがとうございます。

そして多くのことを学ばさせていただきました。感謝いたします。

今後ともブルーマイルゥーをよろしくお願いいたします。

さて、この1月から新しいサービスをはじめきました。

「お墓参り・お墓の維持管理・現状確認の代行サービス」です。

お墓じまいのお仕事をしてても感じますが、

多くの方が「出来ればお墓を残しておきたい。でも維持管理してゆくことが困難。」という現状。

そして、その一つの選択肢として墓じまいをされ、永代供養や散骨等の方法で供養を続けてゆかれます。

将来的にお墓の維持管理が難しいのだけれど

出来る限り先祖代々のお墓を守って行きたいと思っておられる方も多いのです。

ご自身の体力的・体調の問題、お墓の立地場所、また遠方に住んでいるなど

気軽にお墓参りにいけない方も多いのです。

もう何十年もお墓参りをしていないという方もいらっしゃいます。

そんな方のお役に立てれるよう、

少しでも費用的・体力的にも負担が少なくお墓の維持管理ができるよう、

私どもブルーマイルゥーがお手伝いさせていただきます!

詳しくはこちらを!!

http://www.bluemileu.com/ohaka.html

無縁墓1.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

出港中止が続きます

時間の流れがとても速く感じます。

早いもので1月ももうすぐ終わり。

1日24時間では足りません・・・

(ブログも、ものすご~くサボっていました)

さて、1月は代行散骨の出港を予定しておりましたが、

運悪く1回目が天候不良(強風)により出港中止。

順延日となった日もまたまた強風により出港中止。

瀬戸内海はいつも穏やかなイメージがありますが、

この時期は季節風の影響により波も高くなるのです・・・

代行散骨ということでお客様のご乗船はありませんが、

やはり安全第一!

次回、3回目こそは良いお天気でありますように!

P1040144.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

女木島

男木島に続き、女木島でのお仕事です。

女木島は高松港からフェリーで20分。高松港のすぐ目の前にあります。

女木島経由の男木島行フェリーに乗ります。

通称「鬼ヶ島」と呼ばれる女木島は、島の中ほどの山の上に洞窟があり

鬼が住んでいたと伝えられています。(洞窟内は見学可能です)

今年の夏は瀬戸内国際芸術祭会場の一つにもなっており、また海水浴場もあるので

多くの人でにぎわっています。

P1070249.JPG

島の展望台から東方向、大島方面の風景。

P1070246.JPG

北側には先日行った男木島が。

P1070251.JPG

島の西方、瀬戸大橋方面。

P1070252.JPG

芸術祭の作品の一つ「OKタワー」

P1070255.JPG

島から高松港へはフェリーで20分。

船を降りるとすぐJR高松駅が。

高松中心部のビジネス・ショッピングエリアにも直結。

十分に通勤通学も可能です。

しかも瀬戸内海のこんな素晴らしい風景が日常にある。

こんな女木島に住みたくなりました!!

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

石島(井島)

岡山県の宇野に近い、直島諸島の一部で石島(いじま)という島があります。

島内に香川県と岡山県の県境がある島で、

北側が岡山県、南側が香川県となります。(香川県側は「井島」となります。)

人が住んでいるのは岡山県側のみ。香川県側は無人です。

人口は66人。その多くが高齢者。

定期船航路がないので、一般の人が来島することはほとんどないでしょう。

そんな石島で、住民が中心になり初の花火大会が催されました。

花火の数は、な、な、なんと合計5016発!

この小さな島で、なんて大きな花火大会!!

当日は島内住人以外にも、島外から島の関係者・知人・大会賛同の個人・企業など約500人くらいが来島しました。

来島者は宇野港・胸上港などから旅客船数隻でピストン輸送。

私も実行委員長さんより招待をいただき、初めて石島に上陸。

島が沈むんじゃないかと思うくらいものすごい人で混み合い、盛り上がっていました。

どこかのおじさんが

「島がこんなにぎわったのは初めてじゃのう!!」

「島がこんなににぎやかなのは、これが最初で最後かもしれんのう!!」

と言っているのか聞こえました。

急速に過疎化が進む島にとって、この賑わいはどんなに嬉しく楽しいものだったと思います。

港前の台船から打ち上げられる花火はすぐ上で大きく開き、散ってゆきます。

私はこんな間近で花火を見たのは初めて。

バーンという音がお腹の底まで、いや体中に響きます!!

ものすごい迫力に感動です!!

花火大会は大成功!!

私も良い思い出となりました。

この小さな島はとても活気に満ち溢れていました。

これからの島の賑わいと、第2回目が開催されることを願いながら、

私は島を後にしました。

P1070258.JPG

港の向こうに沈む夕日

P1070282.JPG

P1070272.JPG

写真ではなかなか伝わりづらいですが、頭上で炸裂する花火は大迫力です!

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

男木島

先日、仕事で男木島へ行ってきました。

高松港からフェリーで約40分の船旅で到着です。

人口179人の小さな島。近年、島への移住者が相次ぎ、小学校が復活するなど話題の島です。

今年は香川・岡山の各島で3年毎に開催されている瀬戸内国際芸術祭の開催年。

ここ男木島でも開催されており、

男木島行フェリーも多くの観光客の皆さんでいっぱいでした。

P1070242.JPG

高松〜女木島〜男木島を結ぶ雌雄島海運のフェリー

P1070223.JPG

高松港を出港してすぐ。大島・小豆島方面の風景。

フェリーは、途中の女木島を経由して男木島へ向かいます。

P1070227.JPG

男木島に到着。ここが島の中心部です。

P1070229.JPG

島の西側からの風景。遠くに瀬戸大橋が見えます。

P1070231.JPG

島の北端に建つ男木島灯台。

すぐ沖を備讃瀬戸東航路という瀬戸内海の大動脈が通り、

大小様々な船がひっきりなしに行き来しています。

映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台となった場所です。

P1070236.JPG

P1070235.JPG

穏やかな午後の瀬戸内海・・・

ゆっくりとゆっくりと時間が流れてゆきます・・・

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

曇り空と安心していると・・・

今日は岡山県内でのお墓じまいで

墓地の解体工事をおこなっていました。

先週より雨天が続きましたが、今日の岡山南部は「曇り所により雨」ということで、

「曇り空ならよかった。晴れても暑いし、何とか雨に降られなければちょうどいいな。」

と安心していました。

ところが、現地はものすごくいい天気で、ものすごく暑くて・・・

もっと暑さ対策をしてくれば良かったと後悔しました。

日焼けで真っ黒けになってしまいました・・・・

この時期、屋外での作業は日焼けと熱中症対策を万全にしておかなければなりませんからね。

今日は曇り空と安心してしまっていましたね。

頻繁に休憩をとりながらの作業でしたが

でもおかげさまで日暮れまでに無事工事も完了しました。

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/

梅雨の中休み

じめじめと雨の多い梅雨の時期ですが、

おかげさまで、先週・今週ともに雨に降られず無事に海洋散骨の出航が出来ました。

雨でも出航いたしますが、やはりお天気が良いに越したことはありません。

お天気が気になる時期です。

というか一年中お天気の心配してますが・・・

P1060139.JPG

旧ブログ(過去の記事はこちらをどうぞ)

http://www.bluemileu.com/blog/

 

 

海洋散骨と墓じまいのブルーマイルゥー

http://www.bluemileu.com/