散骨事例

散骨事例1

ある日の夕刻、一通のメールが届きました。
奥様を亡くされた御主人様からのメールで、奥様の遺言で「遺骨は瀬戸内海に散骨してほしい」とのこと。
ご主人は「ちょうど四十九日の日か、その翌日に散骨したいと思っているけど、そんなに都合よくいくでしょうか」 と少々お悩みのようです。
さっそくお電話をし、詳しくお話を伺うことにしました。

ご夫婦とも関東の出身なのですが、お仕事の関係で数年前に瀬戸内の街に引っ越してこられました。お二人ともこの美しい瀬戸内海を大変気に入られていました。
「老後もこの美しい瀬戸内の街でのんびりしよう」
そんな矢先、奥様が病に倒れられました。病院での診察を受けた時には既に手遅れの状態で・・・ ご家族皆さんの落胆は、言葉に出来ないものがあったでしょう・・・

「瀬戸内海への散骨は家内の遺言でね・・・ あ、それと誠に厚かましいお願なんですけど、愛犬の遺骨も一緒に散骨してやりたいんだが・・・ 2匹いるんだけど」
ご主人はお話をされました。
「大丈夫ですよ。大切にされていたワンちゃんも、奥様と一緒にお送りしましょう」

さっそく船の手配を済ませ、その後ご主人とお話をしながら、奥様の大好きだったお花・飲み物と音楽のBGMでお別れするプランを立てました。
ご遺骨はパウダー化し水溶性の袋にお納めしますが、この袋には文字や絵が書けます。ご家族皆さんの想いやメッセージを書いていただくことにしました。

散骨前日、ご自宅に最終打合せとご遺骨のお預りに伺いました。あと気になるのは天候だけです。天気予報では晴れなのでだいぶ安心はしていますが、自然が相手です。後はお祈りするのみです。

そして散骨当日。皆さんの気持ちが通じたのでしょう。梅雨の中休みのようで、とても良いお天気です。私も出航1時間前には港に到着し、船長・クルーとともに打合せを済ませました。

そして桟橋で皆さんをお出迎えです。ご主人と息子さん・娘さん等計5名の乗船です。目的地点までは約30分~40分。皆様には船内で思い思いにお過ごし頂きました。皆さん船の後部デッキに立ち、瀬戸内の美しい風景に感動されているようです。
青い空と蒼い海。そして過ぎゆく島々の景色 ・ ・ ・

そろそろ散骨地点に到着です。船もエンジンの回転を下げ一旦停船。
「ボーッ」と霧笛が鳴り響きます。揺れを感じさせないよう船は微速で前進し始めました。

いよいよお別れです。
ご家族皆様が、奥様・お母様そしてワンちゃんへの想いを胸に、この大海原へお送りします。船内には奥様が大好きだった音楽が流れています。
皆思い思いの言葉で最後のお別れをなさいました。
大好きだった、色とりどりのお花とともに、ご遺骨が海へと流れてゆきます。
さようなら ・ ・ ・
黙祷の後、再び霧笛が鳴り響きました。
船はゆっくりとゆっくりと、このお別れした場所を旋回します。

「さようなら ・ ・ ・」
奥様とワンちゃんたちは、この大海原へ還ってゆかれました。
しかし皆さんの表情には暗さはありません。
何か開放的な明るさと、達成感のようなものが感じられます。

遠ざかる景色。そして船のスクリューが巻き上げる波しぶきと軌跡。

「オレの時も頼むよ」
ご主人の感慨深い海へのまなざしが印象的でした。

>>式次第(散骨の流れ)について

散骨の様子散骨の様子
散骨の様子散骨の様子

散骨事例2

その散骨は、ある葬儀社様からご紹介を頂きました。
ご依頼者様はお母様を亡くされた娘様とのことで、早速打合せにお伺いさせていただきました。お母様はまだお若くで亡くなられたのですが、その娘さんは幼少のころにお父様も亡くされていました。
お母様は娘様のご結婚直前にお亡くなりになられたとのことで
そのお話を聞き、今までの御苦労を思うと・・・

そして、お母様がお亡くなりになる前に西宮の海を見に行ったことがあったそうです。だから西宮の海には特別な思いが込められていました。

散骨の出港地はもちろん西宮。
西宮、そして神戸・大阪を見渡す海域での散骨です。
心配していた天候も良く、とても天気の良い夏の日になりました。
船長・クルー・スタッフ、みんなが一つの心になれるよう打合せをしました。

当日は娘様とご主人(お母様が亡くなられた後ご結婚されました)とご親戚のかたが乗船されました。

そして西宮の街を背にクルーザーは出航です。
多くのヨットがセーリングの練習をしています。
大型の貨物船や客船が航行する中を、クルーザーは進んでゆきました。
船内にはお母様の好きだったピアノの曲が流れています。
美しいベイエリアの風景を見渡せる海域に到着し一旦停船、船は霧笛を鳴らしました。
クルーザーは微速で前進しはじめ、いよいよお母様とのお別れです。

「お母さんありがとう」
若いお二人は、お母様への感謝とともにお別れをなさいました。
波間に消えてゆくお母様のご遺骨・・・
そして浮かぶ色とりどりのお花・・・

お二人はいつまでもいつまでも、その風景を眺めておられました。

穏やかだった港内でしたが、沖に出ると少し風がありクルーザーは少し揺れましたが、船酔いする方もなく、無事散骨を終えることが出来ました。

「想い出の一日になりました。ありがとうございました」
この海を見るたびに、この日を思い出すでしょう。

お二人の幸せを祈り、
お母様はいつまでもお二人を見守っていることだと思います。

散骨の様子散骨の様子
散骨の様子散骨の様子

散骨事例3(故郷の海へ)

メールでのお問い合わせがあったのですが、「資料請求」とのこと。もう少し詳しいことをお聞きしたいと思い、お電話をさせていただきました。関東在住の方です。
「実は父が亡くなりまして、生まれ故郷が徳島なもので、是非徳島の海へ散骨したいと思っているんです」 ご依頼者様は息子様でした。
「そうですか・・・ 本当にお辛いことでございました。承知いたしました。それでは一旦資料をお送りさせていただきますのでご覧くださいませ」

しかしその後、使用予定のクルーザーが機関不調により使用出来ないことがわかり、一回り小さな船での出航になることをご依頼主様にお伝えしました。
そしてその後、正式のお申し込みを頂きました。
今回の散骨は形式ばったものではなく、自由な感じの内容をご希望です。

散骨前日、ご家族の皆様はお父様のご遺骨と一緒に徳島にやってこられました。ホテルでご遺骨をお預りし、高松に戻った私は、お父様のご遺骨をパウダー化させていただきました。
船長に最終確認の連絡をすると、嬉しいことに「本来の大きい船の修理が終わりました」とのこと。 明日は皆様に喜んで頂けるでしょう。

そして散骨当日。心配していた天気もよく、すがすがしい夏の日となりました。
小さい船での出航予定でしたが、本来の船での出航となり、マリーナから見送る予定の方にもご乗船いただくことが出来ました。

お父様の生まれ育った徳島の街が見えます。鳴門方面、そして淡路島が遠くに見えます。鳴門大橋も小さく見えていました。
少し霞がかかっていて見えませんが、視界の良い時は和歌山方面まで見えます。
行きかう船舶。クルーザーは紀伊水道へと進んでゆきました。

クルーザーはそろそろ散骨地点に到着です。霧笛が鳴り響き、船は微速で前進し始めました。
お父様との最後のお別れです。奥様、息子様そして皆様が順番にお父様を海へお送りします。
水溶性紙袋のお納めされたご遺骨は、海中に投下されると2~3秒後に パッと広がり、どんどんと海中に広がってゆきます。
青い海へ消えてゆくお父様 ・ ・ ・

その様子を皆さんが見つめていらっしゃいました。
「お父さんが還ってゆく ・ ・ ・」
「さようなら、お父さん ・ ・ ・」

散骨海域をゆっくりとゆっくりと旋回。
クルーザーは再びスクリューの回転を上げ、マリーナを目指します。

「本当にありがとうございました」
皆様の表情はとても明るく、
そして安心の笑顔でした。

散骨の様子散骨の様子

散骨事例4(故郷の海へ)

関西在住の方よりお申し込みを頂き、「亡くなった主人が高松出身で、故郷の海へ散骨をしたいんです」とのこと。早速詳細説明と打ち合わせにお伺いさせていただきました。

墓地への納骨もされますが、海への散骨は御主人の生前からの希望であったそうで、一部のご遺骨を海洋散骨したいとのことでした。詳細説明が終わり日時も決定し、後は当日を待つのみです。少し寒い時期ですので季節風の影響が心配したが…

そして当日。しかし海域には早朝から強風波浪注意報が出ており、船を出すことが出来ませんでした。私どもは乗船される方々の安全を最優先しますので、残念ながら今回は順延を決定しました。早朝、ご依頼者の奥様にはその旨を連絡し、新たに日時を設定しました。

そしていよいよ当日。少し曇り空でしたが、海は穏やかです。少し雨が降りましたが、ちょうど出航時刻頃には日差しも出始め良いお天気になりました。クルーザーはサンポート高松を出航。目的の海域を目指します。左右に見える大小の島々。乗船されている皆さんは瀬戸内海の景色を楽しんでおられるようです。やがて船はスピードを落とし一旦停船。微速で前進しはじめました。霧笛が辺りに鳴り響きます。

色とりどりの花びらとともに、ご主人のご遺骨は大海原へと還ってゆかれました。奥様はその様子をいつまでも見つめていらっしゃいます。 「主人の望みがかなって本当に良かった・・・  主人とはどこに行くのもいつも一緒。いろんな所に連れて行ってくれました。本当に優しい人でした…」

ご主人との思い出。
遠ざかる景色。
そして、青い海はどこまでも続いていました・・・

散骨の様子散骨の様子
散骨の様子散骨の様子

生前予約

「自分は瀬戸内海の○○島という所で生まれ育ってね。やはり最期は近くの海へ戻りたい思いがあって。」 60代半ばの男性からのお電話でした。
穏やかに話されるその方は、まだまだお元気です。

しかし私どもでは、その海域での散骨は距離的に遠くて対応出来ませんでした。私の知る限りその海域で散骨を行っている業者は無いはずです。
「元気なうちから自分の最期はどうしたいか決めておきたくてね」ご自身の生まれ育った島の海への思いが私にも伝わってきます。お話しているうちに「これはどうにかして差し上げたい」と思いはじめていました。

現在出航可能な高松港からは距離的にもかなり無理がありそうです。さっそく新たに船のチャーター先を探しはじめ、やっとのことでお願い出来る船会社様を見つけました。大きく豪華で、安定した航行が出来る船を使わせていだだくことが出来ます。散骨プランをつくり、いろんな資料と一緒にお客様へお送りしました。

「私の希望に早々と対応いただいてありがとうございました」お客様から返事がきました。「もしよろしければ詳しいご説明にお伺いいたしましょうか? 休日などでご家族の皆さんがお集りの時など、いつでもおっしゃってください」
「いやいや、送っていただいた資料でだいたいわかったよ。今はまだまだ元気なんでね。生前予約に必要な書類はすぐ返送します。家族の皆には話しておくから、その時が近くなったらまたお願しますね」
「わかりました。何かありましたらいつでもご連絡・ご相談ください」

最初のお電話との時とは感じが違う、なんだかとても安心されているような、そんな感じがしました。

>>散骨の生前予約について

ブログでも紹介しています。

ブルーマイルゥーのブログでも散骨事例を紹介しています。一部をピックアップしました

■ブルーマイルゥー
〒761-8081 香川県高松市成合町267
TEL:0120-928-763(年中無休9:00~22:00)/Mail:「お問い合わせ」フォーム
海洋散骨:大阪湾・紀伊水道・播磨灘・瀬戸内海・太平洋・日本海
出港地域:大阪(大阪・堺)神戸(神戸)京都(舞鶴)香川(高松)徳島(小松島)高知(香南)愛媛(今治)岡山(宇野)岡山(笠岡)岡山(日生)広島(宇品)